安全へのこだわり

飼育から販売まで、自分たちで手がけた
安心・安全な豚肉をお届けしたい。

畜産農場がみなさまに食肉をお届けするときに、最も大切なことは安全な商品であることです。おいしいお肉であることももちろん大切ですが、どんなにおいしくても衛生管理の整っていない農場で生産したお肉を流通させるわけにはいきません。
私たちが提供する「あいぽーく」は、安心・安全でおいしい豚肉をお届けするために、国際的な管理基準に基づいた独自の流通スタイルを構築し、飼育から整形、加工、販売まで、自分たちの手で行なっています。

農場HACCPを認証取得

一朝一夕では完成しない工程管理により
国際衛生管理基準をクリア。

石川養豚場では国際的な衛生管理基準である「農場HACCP認証」を取得しました。
HACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)とは生産から出荷までのすべての行程で、継続的に監視・記録し、異常があった場合にすぐに対策して出荷を未然に防ぐ衛生管理の手法です。これを取り入れることで、伝染病の発生予防・まん延防止、安全性の確保に役立てています。
認証には厳しい基準があるため、認証を取得している農場は多くはありませんが、当農場では今後も衛生管理体制の保守・強化につとめ、認証を維持してみなさまに安全という付加価値のある豚肉をお届けしてまいります。

JGAPを認証取得

東京オリンピック・パラリンピックの
食材提供基準となるJGAPを取得。

食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる「JGAP認証」を取得しました。
JGAP(Japan Good Agricultural Practice)は農業における生産工程管理の取り組みで、家畜の健康管理や薬・餌・排泄物の管理、家畜のストレスをできる限り少なくするアニマルウェルフェアへの配慮などの項目を、第三者機関によって審査される「食品事故を起こしにくい信頼できる農場の目印」となっています。
これの認証取得によって当農場がお届けする「あいぽーく」は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの食材調達基準を満たすことになりました。